コンセプト

200yshi01

良い商品があれば売れる。。。。

良いサービスだから売れる。。。

精度の高い技術だから売れる。。。

いやいや、そんな簡単なものではないですよね。

商品が「思うように」売れていく、売上が上がる、お客様が増えていくためには
それ相応の「仕組み」「仕掛け」「仕込み」が必要です。

例えば「商品を売る」目的があったならば、

売りたい商品を、どうやってお客様が知って、どんなふうに興味を持たせて、
どんなメリット等があって購入に至るのか。
もっと言えば、それをどうやって第三者に自慢したり口コミ宣伝してくれるのか等の
「仕組み」が必要です。
つまり「こうなればこうなる」的な設計図面のようなものです。

しかし、この「仕組み」だけではうまく作動するわけではありません。
ここにお客様の「心を動かす仕掛け」が必要になります。
お客様がその商品と出会う出会い方から興味を持って、欲しくなるまでのシナリオ
を描く必要があります。これが「仕掛け」です。
仕組みをうまく動かすための装置みたいなものです。

そして、その「仕掛け」がうまく発動するための「仕込み」が必要になってきます。
火薬のようなものでしょうか。

その「仕組み」「仕掛け」「仕込み」が巧みに作動することで、
目的の「商品が売れる」に繋がっていくわけです。
(もちろんそこに、人的な要素が別の要素として必要になってきますが)

そしてそこに、その規模やタイミング等の経営判断や営業判断が加わり意図する結果が出るわけです。

ものが売れていったり、お客様で賑わったりするのは
「偶然」では無く「必然」です。
いかにその「必然」を意図して仕組むかがポイントです。

ここでは
顧客心理を考えた時に「これはどうなの?」や「こうすればもっといいのに」など
私たちが日頃取り組んでいるお仕事の中で気づく事や思うことを踏まえ情報発信していかれればと思っております。
ほんの少しでも皆さまのヒントになる要素があれば幸いに思います。

お問合せやご相談はメール又はお電話にて。
TEL.0422-33-8810
メールフォームはこちら

ご来社ご相談の際に、現在の業務の内容がわかるもの(商品パンフレットや商品など)や、イベント集客に使っているチラシや広告紙面、その他販促に使っているツールなどお持ちいただくとより具体的にご提案できます。